季刊誌「シェフ」-一流のシェフたち-

バックナンバー

シェフ126号〈春号〉

シェフ126号<春号>
表紙レシピはコチラ

特集:野菜が主役

製作
  • mikuni MARUNOUCHI
  • Le FAVORI
  • GENTLE

 

連載

現代の厨房

ASAHINA Gastronome

独立開店物語

Minet.

地方のレストランを訪ねて

デッサンプリュス

デザートのブラッシュアップ

レザンファン ギャテ

プロのためのマルシェ

製作/レヴォル

旬の一皿

テーマ:グリーンピース

メニューページ

シェフ126号(春号)は、2020年3月25日発行
A4サイズ 180ページ 3,600円+税

読者の方々からの声
シェフ125号をご覧いただいての感想をお聞きしました。

 

東京都 フランス料理店オーナーシェフ 44歳

  • ・調理を1人で行っているビストロなので、特集「1人の厨房」は同じ立場の店のオペーレーションとその料理が公開されていて大変参考になった。

 

千葉県 婚礼場シェフ 56歳

  • ・1号から購読している。料理はクラシックからトレンドまで、シェフはベテランから若手まで幅広く載っていて充実している。また、「旬の一皿」「プロのためのマルシェ」などの食材情報ページがとても参考になる。

 

大阪府 ホテル調理スタッフ 49歳

  • 「地方のレストラン」ページが好き。地方で成功するためのヒントや、頑張っている料理人の姿、その土地の食材が紹介されていることが良いと思う。