季刊誌「シェフ」-一流のシェフたち-

バックナンバー

シェフ119号〈夏号〉

シェフ119号<夏号>
表紙レシピはコチラ

特集:現代のブリガード

製作
  • リューズ
  • サローネ

 

連載

料理の動線

Takumi

独立開店物語

ラ メゾン フィニステール

地方のレストランを訪ねて

arcana izu

デザートのブラッシュアップ

スゥリル

プロのためのマルシェ

発酵食品

旬の一皿

テーマ:フヌイユ

ワインリスト拝見

ル・ボーズ

メニューページ

シェフ119号(夏号)は、2018年6月25日発行
A4サイズ 172ページ 3,600円+税

読者の方々からの声
シェフ119号をご覧いただいての感想をお聞きしました。

 

福井県 フランス料理店オーナーシェフ 46歳

  • ・都会の料理とトレンド、新素材などの情報が地方だと入手しづらいので、『シェフ』を購読している。レシピも詳しくのっているのが良い。

 

千葉県 ホテル総料理長 52歳

  • 『シェフ』はシェフデスクに置いていて、若いスタッフにも読めるようにしている。誌面を見ながら料理について語ることで、若い人とのコミュニケーションツールになる。

 

福岡県 フランス料理店オーナーシェフ 47歳

  • 特集「現代のブリガード」は、若い世代のスタッフとの感覚にギャップがある中で、いかにモチベーションを持たせるかという記事は特に共感した。

 

宮城県 フランス料理店オーナーシェフ 45歳

  • 「グランシェフが作る季節の料理」は、私が修業を始めた頃に業界を牽引していたシェフたちの料理が見られるのがうれしい。他では見られない。皆クリエイティブで自分ももっとがんばらねばと思う。
  • ・数年内に移転を予定しているため、「料理の動線」「独立開店物語」を参考にして店作りを考えている。間取り図がとても参考になる。

 

福島県 オーベルジュ オーナーシェフ 46歳

  • ・食材知識が書かれた「プロのためのマルシェ」は毎回とても勉強になる。