季刊誌「シェフ」-一流のシェフたち-

バックナンバー

シェフ109号〈冬号〉

シェフ109号<冬号>
表紙レシピはコチラ

特集:定番からの進化 豚肉料理

製作
  • スゥリル
  • オー・コアン・ドゥ・フー
  • ル・クール

 

連載

独立開店物語

ヤナカ スギウラ

料理の動線

ビストロ・ア・ラ・ドゥマンド

地方のレストランを訪ねて

シェ・モンピエール

デザートのブラッシュアップ

アノニム

プロのためのマルシェ

注目の調味料

旬の一皿・旬の食材

テーマ:春菊

ワインリスト拝見

ロドラント ミノルナキジン

対談 食の中の企業戦略

竹本油脂株式会社

メニューページ

シェフ109号(冬号)は、2015年12月25日発行
A4サイズ 184ページ 3,600円+税

読者の方々からの声
シェフ109号をご覧いただいての感想をお聞きしました。

 

新潟県 無国籍料理店オーナーシェフ 45歳

  • 「定番からの進化 豚肉料理」は、載っていたメニュー数が豊富だったし、どの料理も凝っていた。
  • 「グランシェフが作る季節の料理」は、往年の料理人達の考えやコンセプトがわかる、良いページだと思う。
  • 「プロのためのマルシェ」は毎回情報量が多く、いつも勉強になる。

 

山梨県 オーベルジュオーナーシェフ 48歳

  • 『シェフ』には第一線で活躍する料理人が出ていて、時代の流れが知れる。また、内装や厨房環境、サービス等、料理以外の専門的な情報が得られるのも購読理由の一つ。
  • ・実践面で一番役立っているのが「デザートのブラッシュアップ」。季節感がうまく表現されていたり、工夫やセンスのあるものが紹介されている。

 

兵庫県 ホテル副料理長 43歳

  • 「リーズナブル・メニュー」に載っている店と価格帯が近いので、とても実践的。
  • ・将来独立する時のために「料理の動線」と「独立開店物語」を読んで勉強している。

 

神奈川県 別荘専属フランス料理シェフ 57歳

  • 『シェフ』は写真がきれいで、どのページも素晴らしい。
  • 「お客様より一言」はいつも楽しみにしている。

 

兵庫県 ホテル総料理長 50歳

  • 「季節の宴会料理」に載っているメニューはオリジナリティがあって良かった。
  • ・レシピが詳しく書いてあり、とても助かる。

 

広島県 フュージョン料理店シェフ 50歳

  • 「季節のスペシャリテ」や「新世代が作る明日のスペシャリテ」には若手による“今”のセンスが表現された、センスある料理が取り上げられている。
  • 「地方のレストランを訪ねて」は地元の食材や、地方ならではの工夫について知れるのが良い。